お葬式を行う際に考えること

お葬式の形式とそれにかかる費用

お葬式の形式とそれにかかる費用 お葬式には様々な形式があり、それに伴ってかかる費用も変わってきます。お葬式にかかる費用の内訳は、お葬式費用一式と言われる、遺体の搬送や通夜、火葬の際に必要な物品などにかかる費用です。飲食接待費用というものは、通夜などにかかる飲食費で、人数の多さで費用が変動します。葬儀社に手配をするか、自分で飲食店を手配することも可能です。寺院費用は付き合いのある寺院の僧侶を呼び、戒名授与などのお布施の費用のことを言います。一般的な形式の場合は、通夜から告別式の読経までを依頼します。

形式は、親しい方のみ、もしくは、一般の方を招くのかということと、宗教的儀式を軸に決定します。規模や内容によって費用も変動します。一般的な形式は、一般の方を招くため、飲食接待費などが必要となります。たくさんの友人や知人に参列してもらう予定の方に適した形式です。家族葬形式は、家族や親族などの親しい方に限定して行う形式です。人数が少ない規模が小さいお葬式です。

家族葬形式を選ぶ際には、提示されている金額だけではなく、追加料金も確認することで後々のトラブルを防ぐことができます。火葬や直葬形式は、通夜や告別式を行わずに火葬のみ行い、親しい方数名で行います。一般参列者は招かないため、費用を抑えたい方や参列者が少ない方にベストな形式です。総額で確認することで、料金の上乗せなどを防ぐことができます。

費用を抑える方法はいくつかあります。保険やサービスを利用することも一つです。お葬式に特化した保険を利用することで費用は安く抑えられますが、申し込みから適用まで期間を要するので早めの加入が大切です。寺院手配サービスを利用することも重要です。現在お世話になっているお寺がない方であれば、僧侶の手配することができ、費用を抑えることができます。葬祭費の補助や扶養制度を利用することでも費用が変わってきます。各自治体や保険事務所に問い合わせて支給される金額や手続きを確認します。

お葬式に関する知識は、日常ではなかなか触れることがないため、乏しいものです。大きなトラブルを防ぐためにも、希望するお葬式の内容を事前に検討して、資料を取り寄せることやネットを情報を集めることが大切です。見積もりを取り、納得のいくサービスを提供してくれる業者を見つけ、万が一に備えることで、よりよいお葬式ができます。早めに準備の心掛けることで、しっかりと対応することができます。

お知らせ

  • [2018年10月12日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年10月12日]
    運営者情報を追加しました。