お葬式で会葬者が知っておかなければならないこと

お葬式において、会葬者が知っておかなければならないことに、香典についての様々なことがあります。香典の目安はその人との関係によって決まります。しっかりと調べた上で金額を把握しておくことが重要です。香典の表書きは薄墨を使うのが正式です。仏式であれば御香典や御霊前と書きます。御霊前は仏式やキリスト式など、いずれの場合でも使えますが、浄土真宗や法要の際は使えないため注意が必要です。香典の包み方も重要です。用いるお札には新札は使いません。やむを得ず用いる場合は、一度折り目を入れます。香典袋の外包みに関しましては、左から折り始め、右、下、上の順番で折ります。

弔問にもマナーがあります。遺族への思いやりを忘れずに、その場にふさわしい服装や作法を心がけることが大切です。男性の服装は黒のスーツに黒のネクタイと黒服着用が一般的です。上下色違いの服装はふさわしくないです。女性は黒や濃紺などの地味なスーツかワンピースが一般的です。化粧も控えめにして、香水や派手なアクセサリーなどは避けます。髪の毛もひとつに束ねるなどしなければなりません。

数珠は、使わない時は左手首に掛けるか、房を下にして持つのがマナーです。合掌の際は、両手の親指以外の指を数珠の輪の中に通して、親指で支えるようにします。数珠を椅子の上などに置くのは不謹慎にあたります。席を離れる際は、バッグなどにしまいます。

献花にも作法があります。祭壇の手前で一礼して、花を受けとり、献花台に進み花をささげ、指を組合わせて頭を下げ黙祷します。2、3歩下がり、最後に遺族に一礼します。お葬式の前にはしっかりとマナーを確認することが重要です。