お葬式後にやらなけらばならないこと

お葬式は終わった後にもやらなければならないないことがあります。お葬式の後に必要になるものが位牌や仏壇です。位牌や仏壇は世代を渡って使われるものですので、しっかりと選んだ上で購入することが大切です。購入した後は毎日の手入れも欠かさずに行います。位牌にも種類があります。札位牌というものは、故人一人の霊を祀る黒塗りの位牌です。

繰り出し位牌というものは、先祖の位牌をまとめて収納できる屋根などが付いているものです。位牌を選ぶ際のポイントも幾つかあります。すでに先祖のものがある際には、その大きさや形を参考にします。一般的には先祖のものと同じ大きさか、それより小さくすることが重要です。仏壇は置かないという場合には、宮型の位牌入れを使用することをおすすめします。

仏壇にも種類があります。唐木仏壇は、堅い材質を原料としており、木目が生かされています。塗り仏壇は檜や杉に、漆や金箔が施してあるものです。家具調仏壇というものもあり、部屋の雰囲気をこわさないように、デザインが施してある現代風の仏壇です。タンスのようにも見えるため、置場所を選ばないというメリットもあります。

選ぶ際のポイントは、安置場所の幅や高さを確かめて、部屋の家具との調和を考えることです。材質や仕様などもしっかりと確認して、安置場所が無いという場合は、棚などの上に置くことができる、上置き仏壇というものもありますので、おすすめです。多種多様なものの中から、必要なものは何か調べて購入することが大切です。