お葬式の際に必要な事柄

お葬式の時に必要な事柄として、喪主のタイムスケジュールがあります。喪主は遺族の代表としてお葬式を開催して、弔問を受ける務めがあります。弔事を滞りなく行われるように打ち合わせをしっかりとして、行わなければならない事柄を整理しておくことが大切です。

通夜の準備として、世話役代表を人選して依頼することから始めます。葬儀社と世話役代表との間で通夜式進行の打ち合わせをします。喪服の準備や挨拶も準備段階でしっかりと決めておくことでスムーズに進めることができます。通夜式が始まる前には僧侶に挨拶をしておきます。受け付けは遅くても30分前には始めます。通夜ぶるまいという、通夜式の後に弔問に対するお礼と故人の供養の意味を込めて弔問客をもてなすというものがあります。

弔問客を無理に引き止める必要はなく、帰るタイミングを掴めず残っている弔問客がいた場合は簡単な挨拶をしてきっかけを作ってあげることがポイントです。お葬式や告別式では準備段階で弔辞を読んでもらう人を決め、席順や焼香順を確認します。席順はふつう祭壇に向かって右側が遺族、親族で、喪主から順に血縁が深い順に座ります。左側は、世話役代表などが座り、一般の弔問客は来席順に座ります。

焼香順も席順に従います。告別式での受付は1時間位前から始めます。式の最後に参列者に挨拶することになります。式の後の、出棺や火葬では、祭壇から降ろした位牌を持ち、棺の後に続き、霊柩車に棺が運び込まれたら会葬者に挨拶をします。精進落としでは列席者やお手伝いの人達への心のこもった接待が大切です。